FC2ブログ

富岡光学

デジタル一眼レフがまだ高嶺の花だった頃

デジカメの黎明期 年代物のフイルムカメラをよく購入していました

KAZE6894.jpg



サンキュッパの価格で当時世間を驚かせた一眼レフ RICHO XR500

おまけのようについていたレンズがXR RIKONON 50mm/f2

KAZE6897.jpg



これが後に和製ズミクロンと讃えられる銘レンズとなります

ちなみにズミクロンというのはライカ製の超高級レンズです


ただこのレンズ、発売元のリコー製ではなく、当時存在した富岡光学がOEMで生産していました

レンズは今もそうですがOEMが多いようですね


KAZE6965.jpg


特にこのレンズは時代の変遷とともに何度も変化を繰り返します

最初期のオール金属製のものからプラスチックに変わった2代目 ここまでが富岡光学のOEM

その後OEMは日東光学へ移ります


幸いにも手元にあるのは最初期型 1978年製の富岡光学製であるようです

KAZE6977.jpg


和製ズミクロンの真偽はともかく 現在のデジタル一眼レフの描写に耐える解像度を持っていると思います

KAZE6902.jpg


なによりピントを調整するヘリコイドの動きがネットリとして極上の操作感です

KAZE7023.jpg

KAZE7025.jpg


ちなみに ここまでご紹介した画像全てが開放F2.0


滝をスローシャッターで写すため 絞りはF16に設定しました

KAZE7027.jpg



標準レンズと呼ばれる50㎜レンズは写真をやっていると

知らない間に何本も所有してしまうものです



こちらがRIKENON


KAZE7056.jpg



そして
smc PENTAX-D FA 50mm F2.8 MACRO


KAZE7054.jpg



全く同じ焦点距離 露出

それでも描写の違いはレンズごとに「味」があると言うこと

薄味と言われるDFA50MACRO

それでもペンタらしい色のりがあります

深いなぁ


Camera PENTAX KP


Lens XR RIKONON 50mm/f2
   smc PENTAX-D FA 50mm F2.8 MACRO

0 Comments

Leave a comment